ヴィジョン

マイクローバーのヴィジョン

産学官民、それぞれの知見や資金、

社会的課題と呼ばれる多くの問題は、さまざまな要因が複雑に重なり合っています。その解決のための糸口となる研究は特定の分野に限らず、領域横断的かつ総合的な視点が必要です。そして、一般の人々による実践的で行動可能なものでなければなりません。
こうした観点を踏まえて、「マイクローバー・プロジェクトマッチング」は、産学官民連携を深め、学術と産業の振興を図るとともに、地域経済の活性に寄与することを目指しています。

中間仲介のない直接的なプロジェクトマッチングと、

生活者はツイッターやフェイスブックのようなソーシャルメディアを使って意見を発信し、その声を政治家や企業トップに届かせています。その逆もしかりです。インターネット以外でも、非マニュアル的な、心と心が触れ合うような関係のサービスが大事にされています。両者に言えることは、お互いに共感できる部分を核としてミュニケーションを行っているところです。
共通価値が一致すればとても大きな力が生まれます。マイクローバーは、共通価値を具現化するために主に3つの機能によってお手伝いをさせていただきます。1つ目は産学官民より選出した会員同士による直接的なプロジェクトマッチングを可能にするデータベースの無料提供。2つ目は、産官からの研究・活動委託プロジェクトを、マイクローバのアドバイザリーボードによって運営設計し、会員への告知・募集を行います。3つ目は連携プロジェクの成果を社会に広めるためのPR活動を支援します。
また、連携プロジェクトに係る知的財産権の取得・管理、契約渉外や経営法務、財務会計などの諸業務につきましてもご対応いたします。

マイクローバー・プロジェクトマッチングのイメージ

それぞれの資本・能力が還流することで社会的な問題を解決する

社会的事業を通して多くの機関、人々と交わることで、
CSRやボラティア活動とは異なった切り口から社会貢献するこが可能です。