ピックアップソーシャルプロジェクト

エクスクラメーション・スタイル

実績と展望
農作業を整備
野菜作りから調理、そして販売。一連の流れをすべてクルーの手で。

 現在八幡市にある、!-factoryの工場裏にある畑を使うことができるようになりました。この土地を使い、クルーたちで農作業を行う計画をしています。現在はその調整を行っており、ゆくゆくはそこで栽培した野菜をキッチンチームで調理し、販売につなげていくことを目指しているそうです。

販路を拡大
より多くの方にクルーの作った商品を手に取ってもらいたい


 現在!-factoryでのクルーたちの工賃は800 円/日で月に 1 万 4 千円~1 万 6 千円となります。目標工賃はまず1,000円/日で、その目標に向けてより良い商品づくりに努めています。そして、より多くの方に商品を手に取ってもらうために販路の拡大が課題となっています。

緩やかな支援を
その人がその人らしく生活できるような支援を提供し続けていきたい

 現在八幡市にある!-factoryは「ものづくり」に特化しており、どうしてもここでの作業に合わないひともいるそうです。しかし今後、作業の種類が増えることで、より多くの障がいのある人を支援したいと考えているそうです。そして、すぐに就労に結びつきにくい方たちの就労支援の場所の整備も行っていきたいと。
 京都府南部地域の就労支援の場を強化し、福祉とビジネスをつなぎ、より充実した支援活動につなげたいと展望を語ります。