ピックアップソーシャルプロジェクト

亀岡カーボンマイナスプロジェクト

カーボンマイナスの考え方
クリックで拡大します。

バイオ炭は間伐材やもみ殻・稲わらなど地域で未利用のバイオマスを、地域の自治体活動などを通じて回収し、炭づくりを行います。つくったバイオ炭は堆肥と混合し、バイオ炭たい肥をつくります。次にバイオ炭たい肥を農地に貯留します。農地に貯留した炭素分は、カーボンクレジットとして企業へ販売します。また、農地でできた農作物に対しては、環境保全野菜として付加価値化を通じて消費者へ販売します。亀岡では、地球を冷やす“クール”な、野菜“ベジタブル”、略してクルベジ® としてエコブランド化しています。
地域未利用バイオマスの回収→炭化→たい肥との混合→農地施用カーボンクレジット取引→クルベジ® 販売という流れを経て、温室効果ガスの削減と農山村部へ資金還流を導きます。

クリックで拡大します。

01地域内炭化システムの構築
地域の未利用バイオマスを用いた、低コストで二酸化炭素削減効果の高いバイオ炭づくりの手法を明らかにします。そのために、バイオ炭の収率調査、物性評価、LCA(ライフサイクルアセスメント)などを行います。
亀岡市:地域内調整
保津竹林整備協議会:放置竹林の整備・炭化
亀岡市農業公社:バイオ炭製造業者
農事組合ほづ:実験圃場提供、クルべジ生産
02炭素貯留認証システムの構築
バイオ炭による炭素貯留(カーボンクレジット)を認証するためのしくみづくりを行います。そのために、バイオ炭による炭素貯留効果の安定性を測る実験、利害関係者との協議を通じて、認証のための規格・検証・実施体制等しくみの構築を行います。
京都炭素貯留運営委員会:炭化実験、バイオ炭利用・評価の指導、
            炭素貯留の地域認証
※京都炭素貯留運営委員会は亀岡市、日本バイオ炭普及会、立命館大学地域情報研究センター、 龍谷大学LORC、京都学園大学で構成されています

03環境保全野菜による社会システムの構築
環境保全は経済と連動して、その継続性を保つことができます。炭素貯留した農地でできた農作物を『クルベジ®』という高付加価値化したエコブランドとして消費者に販売することで、プロジェクトの認知浸透を図ります。                            
京都炭素貯留運営委員会:クルべジ認証、作物栽培実験、普及、
            販売実験、食育・環境教育、各種制度設計
クルべジ育成委員会:クルべジ生産、栽培記録
クルベジ®認証システムの構築(立命館大学地域情報研究センター・京都学園大学)
クルベジ®を認証するためのしくみづくりを行います。そのために、バイオ炭を施用した農地における、作物への安全性を測る実験、利害関係者との協議を通じて、認証のための規格・検証・実施体制等しくみの構築を行います。
クルベジ®販売戦略手法の検討(立命館大学地域情報研究センター)
クルベジ®の普及に向けた、有効な販売戦略手法を明らかにします。そのために、都市部の小売店および地域市場(道の駅等)における来訪者への質問紙を用いた調査、一般消費者へのグループインタビューを通じた選好評価を実施します。
クルベジ®食育・環境教育の普及(龍谷大学LORC)
食育・環境教育の一環としてのクルベジ®利用の普及と有効性を示します。地域の小中学校において、紙芝居等を用いたクルベジ®農法の解説、周辺の農地や校庭でのクルベジ®栽培・献立作りなどを行います。そしてその教育効果の表れとして、環境保全活動への取組度や地域内でのクルベジ®の普及度を測ります。
クルベジ®協賛システムの構築(立命館大学地域情報研究センター)

広告機能を兼ねたクルベジ®シールへの企業協賛のしくみづくりを行います。そのために、シールの管理・保証体制の構築、協賛による宣伝効果の測定を行います。