ピックアップソーシャルプロジェクト

亀岡カーボンマイナスプロジェクト

亀岡カーボンマイナスプロジェクトについて

 バイオ炭による炭素貯留を核として気候変動緩和と農山村振興を両立する、新たな世界モデルの構築を目標として、亀岡カーボンマイナスプロジェクトはスタートしました。

バイオ炭は間伐材やもみ殻・稲わらなど地域で未利用のバイオマスを、地域の自治体活動などを通じて回収し、炭づくりを行います。つくったバイオ炭は堆肥と混合し、バイオ炭たい肥をつくります。次にバイオ炭たい肥を農地に貯留します。農地に貯留した炭素分は、カーボンクレジットとして企業へ販売します。また、農地でできた農作物に対しては、環境保全野菜として付加価値化を通じて消費者へ販売します。亀岡では、地球を冷やす“クール”な、野菜“ベジタブル”、略してクルベジ® としてエコブランド化しています。
地域未利用バイオマスの回収→炭化→たい肥との混合→農地施用カーボンクレジット取引→クルベジ® 販売という流れを経て、温室効果ガスの削減と農山村部へ資金還流を導きます。