『マイクローバー正会員』登録規約

第1条(目的)
本規約は、マイクローバー(以下「」といいます。)の正会員へむけた登録募集を行うためのWebサイトです。
第2条(マイクローバー会員の定義)
マイクローバー会員とは、本規約を承諾のうえ登録を申請し、マイクローバー事務局が承諾した者とします。
第3条(入会・退会)
1.マイクローバーへの登録希望者は、当ホームページ上のプロジェクト情報登録画面において個人情報およびその他必要な情報を入力し、入会登録をした時点で、本規約の内容を承諾したものとします。また、マイクローバー会員は、入会登録後の退会において、随時退会の手続きを行うことができるものとします。
2.マイクローバー事務局は、次の場合を除き、入会希望者の登録を承諾するものとします。
3.過去に本規約に基づき会員資格を剥奪されている場合
4.申込内容に虚偽の申請があった場合
5.その他、マイクローバー事務局が会員として不適切と判断した場合
第4条(ID・パスワード)
1.マイクローバー正会員は、入会後、承認・登録されたID及びパスワードを使用することができます。
また、マイクローバー正会員は、自己の責任においてIDおよびパスワードを管理するものとします。
2.マイクローバー正会員は、IDおよびパスワードを第三者へ譲渡、名義変更、貸与することはできません。
3.マイクローバー事務局は、マイクローバー正会員によるIDおよびパスワードの使用上の過失、ならびに第三者の利用による会員の損害については、一切の責任を負わないものとします。
第5条(マイクローバー正会員の組織情報)
1.マイクローバー正会員は、入会時に登録する全ての情報に関して、真実かつ正確な情報を申告するものとします。
2.マイクローバー事務局は、マイクローバー正会員が入会登録時に申告した組織情報(以下「組織情報」といいます)を、次の目的で使用します。
1.マイクローバー事務局からのメール、DMによる案内送付、それに付随した連絡
2.ご意見、ご感想、アンケート等の依頼
3.特典、その他サービスの提供
4.マーケティングデータの作成
5.前各号のほか、会員の事前の同意を得た場合
6.マイクローバー正会員は、その登録情報(企業名、住所、電話番号、メールアドレス)などに変更が生じた場合、速やかにPR協会へ通知、変更するものとします。
7.マイクローバー事務局は、マイクローバー正会員が申告した組織情報について、不正なアクセス・改ざん・破壊・漏洩等が生じないよう、合理的な範囲で厳重に管理するものとします。
8.マイクローバー事務局は、会員が申告した個人情報について、以下の場合を除き第三者に開示しないものとします。
9.司法機関または行政機関から法的義務を伴う開示要請を受けた場合
10.第2項記載の使用目的のために、マイクローバー事務局が業務を委託する会社に対し開示が必要な場合
11.マイクローバー正会員の生命、健康、財産等の重大な利益を保護するために必要な場合
第6条(禁止事項)
1マイクローバー正会員は、当ホームページで提供するプロジェクトマッチング依頼者および研究・活動委託依頼内容等に関する情報についての秘守義務が生じます。
2.マイクローバー事務局は、マイクローバー正会員が当ホームページによるサービスを利用するにあたり、マイクローバー正会員の次の行為を禁止します。
3.他のマイクローバー正会員、第三者またはマイクローバー事務局の著作権、商標権等の知的財産権、肖像権、プライバシーもしくはその他の権利を侵害する行為、および侵害するおそれのある行為
4.前項の他、他のマイクローバー正会員、第三者またはPR協会に不利益もしくは損害を与える行為、および与えるおそれのある行為
5.公序良俗に反する行為、もしくはそのおそれのある行為、または公序良俗に反する情報を他の会員または第三者に提供する行為
6.またはパスワードを不正に使用する行為
7.コンピュータウィルス等の有害なプログラムを、本サービスを通じてまたは本サービスに関連して、使用し、もしくは提供する行為
8.法令に違反する、または違反するおそれのある行為
9.その他、マイクローバー事務局が不適切と判断する行為
第7条(サービスの運営、中断・停止および内容の変更)
1.マイクローバー事務局は、本サービスの運営に関して裁量権を有しており、本サービス上の利用を監視し、もしくは一部変更し、またはアクセス制限等の措置をとることができるものとします。
2.マイクローバー事務局は、次の何れかに該当する場合、自らの判断により本サービスの運用の全部または一部を中断または中止することができるものとします。
3.天災地変、その他の非常事態が発生し、または、発生する恐れがある場合
4.本サービスに関連して、マイクローバー事務局が設置または管理する設備の保守を定期的にもしくは緊急に行う場合
5.マイクローバー事務局が設置または管理する設備の異状、故障、障害その他本サービスを会員に提供できない事由が生じた場合
6.その他マイクローバー事務局がやむをえないと判断した場合
7.マイクローバー事務局は、理由の如何を問わず、本サービスの提供の中断もしくは中止によって生じた会員の損害につき、一切責任を負わないものとします。
第8条(著作権等)
PR協会がインターネットにより会員に提供する情報(デザイン、画像、映像、音声、文章等を含む)に関する著作権、商標権等の知的財産権および肖像権は、マイクローバー事務局またはマイクローバー事務局に対して当該情報を提供した第三者に帰属するものとします。
マイクローバー正会員は、当該権利者の承諾を得ないで、いかなる方法においても、本サービスを通じて提供される情報について、著作権法で定める会員個人の私的利用の範囲を超えて、使用することはできないものとします。
第9条(免責)
1.マイクローバー事務局は、インターネットにより提供するサービスの内容等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等につき、保証しないものとします。
2.マイクローバー事務局は、提供するサービスの変更、追加、停止、中止、その他提供するサービスに関連して会員に生じた損害について、本規約およびその他の規定等に明示的に定める場合を除き、一切の責任を負わないものとします。
第10条(会員資格の停止、抹消)
会員が次の項目のいずれかに該当した場合、マイクローバー事務局は、会員へ事前に通知することなく、直ちにそのサービスの利用停止または会員資格の抹消を行うことができるものとします。
1.ID・パスワードを不正使用したとき
2.入会申請内容に虚偽の事項があったことが判明したとき
3.マイクローバー正会員の所在が弊社に不明となり連絡がとれない場合
4.マイクローバー正会員が2年以上ログインがなくメール配信も希望しない場合、もしくは登録メールアドレスにメールが配信できない場合
5.マイクローバー事務局が、会員として不適格と判断したとき
6.前各号の他、本規約に違反したとき
第11条(準拠法)
本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。
第12条 (合意管轄裁判所)
1.本規約に関連して会員とPR協会との間で争いが生じた場合は、会員とPR協会との間で誠意をもって協議し、解決するものとします。
2.前項に基づき協議したにもかかわらず、マイクローバー正会員とマイクローバー事務局との間の紛争が解決できなかった場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とします。
第13条 (規約の変更)
1.マイクローバー事務局は、マイクローバー正会員の事前の承諾なしに任意にこの規約を変更できるものとします。
2.変更後の会員規約は、PR協会かマイクローバー正会員に通知した時点から効力が生じるものとします。

付則

本規約は、2013年9月1日午前0時より適用されるものとします。