informationtomb

【カーボンマイナスプロジェクト】参加型マーケティング手法を用いた 環境負荷低減型農産物マーケティング研究について

「参加型マーケティング手法を用いた環境負荷低減型農産物マーケティング研究」が実施されます。

本研究は、事業構想大学院大学(東京)が、「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」として、農林水産省の外郭団体である(独)農業食品産業技術総合研究機構からの助成によって平成26年度事業として実施するものであり、立命館大学・龍谷大学・京都学園大学・亀岡市が連携して進めている、亀岡カーボンマイナスプロジェクトをモデルケースとして、研究実施されるものです。

詳しくはこちら